イマジナクトラボ

コンテンツマーケティングとストーリーテリングからコミュニケーションの今と未来を考え、発信します。

  • imaginactlab. youtube
  • imaginactlab. facebook
  • imaginactlab. google+
  • imaginactlab. rss

    RSS登録はこちら

    feedburner_rss_icon Subscribe in a reader
新規顧客をふやすBtoBデジタルマーケティング講座完全版 無料eブックダウンロード

ブログ最新記事一覧はこちら

イマジナクトラボでは、2つのブログからマーケティングのお役に立てる情報を随時提供しています。ぜひご覧ください!

コンテンツマーケティングとらのあな

売り込まずに売れる仕組みづくり、コンテンツマーケティングの幅広い情報を発信中!

販促のみらい 反応率アップのツボ

反応率を上げるための「新しい」ツボと「変わらない」ツボを発信中!

シナリオ作成シートで販促のストーリーを考える(上)

2015.1.9

著者
櫛桁 一博
トピックス
考え方 , テクニック , 事例 ,

2014年1月からこのブログを書きはじめて早一年。 昨年は1年で4記事(汗)という体たらくでしたが、 新年を迎えて気持ちも新たに、皆様のお役に立てる情報を より多く発信していけるよう、頑張っていく所存であります。 今年もご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。 昨年はついつい想いが先走ってしまい、 「長過ぎる」「ネタがすべっている」などなど 拙稿に対して貴重なご意見も

YouTube動画再生回数アップのための3つの関門とは?熊坂仁美さんの無料勉強会で学んだことまとめ①

2014.12.17

著者
藤井 克成
トピックス
コンテンツクリエーション ,

今年もあと少し。2014年は格安スマホやiphone6の登場により、スマートフォンの普及がますます進んだり、LINEのユーザーが世界で4億人を突破したり、モバイルデバイスの分野で大きな変化があったように感じます。

顧客単価UP!年賀状を活用した「集客成功事例」

2014.11.27

著者
田中 みのる
トピックス
考え方 , テクニック , 事例 ,

寒くなりましたね・・・。 田中みのるです。 「秋」をすっ飛ばしたような今年の気候。 みなさまお風邪など召していませんでしょうか?

インサイト発見の手がかりになる「人間が持つ普遍的な欲求」とは

2014.10.14

著者
佐藤 寛丈
トピックス
考え方 , インサイト ,

「気が付けば、今年もあと2か月と少しですね。」とこのコラムを書き始めて、時間の経つ速さにビックリしました(笑) 年齢を重ねれば重ねるほどに一年が短く感じてしまう、あの現象ですかね。気になったんで調べてみると、これ心理学的に「ジャネーの法則」と呼ばれるものがあるみたいです。初めて知りましたが、ふむふむ、なるほどといった感じです。

反応率が変わる!人の心理を突く「限定感・希少性」を取り入れたキャッチコピーは効果あり?

2014.8.18

著者
佐藤 寛丈
トピックス
考え方 , テクニック , 調査データ ,

先日、妻の実家に行き、久々に昼間からほっこりとテレビを見ておりました。日曜日の真っ昼間ということもあって、テレビショッピング番組を1時間ぐらい見ていたんですが、いやホント面白いですね。 販促に携わる人間としては、テレビショッピングの視聴者を申込みや購入へと誘導する宣伝文句(コピー、キャッチ)や演出なんかは、他の販促でも使えそうなヒントが満載なんで、ワクワクしながら聞けちゃうんですよね。その分意識

アクセス数だけで判断していませんか?GoogleアナリティクスでWebページのスクロールを簡単に解析できるWordpressプラグインのご紹介

2014.8.9

著者
藤井 克成
トピックス
分析 ,

こんにちは。突然ですが、質問です。みなさん自社(自分)のコンテンツのアクセス解析やってますか? と聞くと、ほとんどの方は「やってるよ」と答えると思います。 でも、アクセス数や流入元は見るけど、肝心の「コンテンツがどこまでみられているか?」については、あまり考えたことがない方が多いのではないでしょうか?

「写真の効力」を利用して、反応率を高めるためには

2014.7.30

著者
大澤 元裕
トピックス
考え方 , テクニック ,

子どもが生まれたのをきっかけに、デジタル一眼レフカメラを購入したという同級生。「コンパクトデジカメとは、やっぱり画質が違うなぁ!!」としみじみ語っていました。お値段もずいぶん違いますから、当然といえば当然ですが。カメラに詳しくない人でも、子どもの成長をキレイな画質で残しておきたいと思っている方は、きっと多いのでしょう。デジタルビデオカメラやスマートフォンで、手軽に「動画」を

一覧はこちら