イマジナクトラボ

コンテンツマーケティングとストーリーテリングからコミュニケーションの今と未来を考え、発信します。

  • imaginactlab. youtube
  • imaginactlab. facebook
  • imaginactlab. google+
  • imaginactlab. rss

    RSS登録はこちら

    feedburner_rss_icon Subscribe in a reader
新規顧客をふやすBtoBデジタルマーケティング講座完全版 無料eブックダウンロード

ブログ最新記事一覧はこちら

イマジナクトラボでは、2つのブログからマーケティングのお役に立てる情報を随時提供しています。ぜひご覧ください!

コンテンツマーケティングとらのあな

売り込まずに売れる仕組みづくり、コンテンツマーケティングの幅広い情報を発信中!

販促のみらい 反応率アップのツボ

反応率を上げるための「新しい」ツボと「変わらない」ツボを発信中!

もう迷わない 狭い会場の撮影でレンズを選ぶコツとは

2017.8.8

著者
大澤 元裕
トピックス
標準ズームレンズ , トリミング , セミナー , 広角レンズ , 狭い場所 ,

イベントや講座の会場を下見はしていたものの、いざ参加者が入った状況でみると、「意外と狭い空間」だったと気づくことがあります。

風景撮影に最適なレンズと絞りを知ろう

2017.8.8

著者
堀川 絵美
トピックス
絞り , レンズ ,

一眼レフカメラなどレンズ交換式カメラは、撮りたいものにあわせてレンズの選択ができることが、最大の利点です。では、風景撮影に適したのは、どんなレンズでしょうか?また、どのように使いこなせば、良い風景写真が撮れるでしょうか? 

ホワイトバランス設定で商品の色をイメージ通りに伝えるには?

2017.8.8

著者
福田 雅之
トピックス
ホワイトバランス , 商品撮影 , 設定 , 色被りを防ぐ ,

屋内で撮影する時、部屋の照明が商品の色に影響を与えることがあります。たとえば、黄色い照明であれば、商品の色も黄色っぽい色にかぶります。本来の色にしたいのなら、ホワイトバランス設定を行いましょう。

室内の写真を自然に美しく見せる ライティングのコツとは?

2017.8.7

著者
檀上 晴香
トピックス
ライティング , 自然光 , 一眼レフカメラ , 室内撮影 ,

室内での写真を撮る機会は多くありますが、暗くて手ブレしたり、ストロボを使うと一部だけが明るくなったり、どう撮っていいのかわからない場面ってありますよね。今回は、室内の写真を自然に美しく見せるライティングのコツをお伝えします。

建物を魅力的に写す 最適なレンズ 3つの選択肢

2017.8.7

著者
檀上 晴香
トピックス
望遠レンズ , 広角レンズ , 建物撮影 , 一眼レフカメラ , 室内撮影 ,

旅先の建築物や、商材として室内や外観を撮影したりする場合、見た目の印象よりも狭く、小さな印象に見えてしまうことってありませんか? もしかすると、撮影をする際に使用したレンズが、建物の撮影に適していないのかもしれません。最適なレンズを選ぶことで、もっと魅力的な写真を撮ることができますよ。

建物撮影の構図づくり 基本の2大ポイント!

2017.8.7

著者
檀上 晴香
トピックス
構図 , 広角レンズ , 建物撮影 , 一眼レフカメラ , 室内撮影 ,

建物の写真を撮る機会は、ビジネス・プライベート問わず多くありますよね。つい直感的にシャッターを押してしまいがちですが、その前にまっすぐなラインと角度に気をつけるだけで、より魅力的な写真に仕上がります。 ここでは簡単な建物撮影のポイントをお話ししたいと思います。

商品撮影の基本的な構図テクニック

2017.8.2

著者
福田 雅之
トピックス
テクニック , 構図 , 商品撮影 ,

商品撮影のとき、気が付くと同じ構図で撮影をしていることはありませんか? 構図がワンパターンになると、どれも同じように見えてしまい面白みがないですよね。 そんな方に、今回は商品撮影に生かせる基本的な構図を紹介します。

風景撮影で構図を決める際の心構えとは?

2017.8.2

著者
堀川 絵美
トピックス
光 , 構図 , 背景 ,

撮影の心構えとして最も大切なことは、自分が見ている風景を、今この場にいない人にどうすれば伝えられるか?と考慮することです。

一覧はこちら