イマジナクトラボ

コンテンツマーケティングとストーリーテリングからコミュニケーションの今と未来を考え、発信します。

  • imaginactlab. youtube
  • imaginactlab. facebook
  • imaginactlab. google+
  • imaginactlab. rss

    RSS登録はこちら

    feedburner_rss_icon Subscribe in a reader

田中みのる氏販促セミナー開催報告

田中みのる氏販促セミナー 2012.12.6

2012年12月6日(木)に田中みのる氏の無料販促セミナーを開催しました。
今回は経営者・管理職向けのセミナーということで、当社のメルマガ会員を中心に参加を募り、23社33名の方にご参加いただきました。
セミナーでは「価値を伝える」ことの意味や販促のシナリオ作りのポイント、モチベーションを維持するための実践の大切さなどの内容に、たくさんの方が大きくうなずきながら聞いていらっしゃいました。
また、田中さんの笑いを交えながらも熱い想いが伝わる語り口で会場もとても盛り上がり、アンケートのメッセージも感謝の言葉がとても多かったです。その一部を紹介します。

「共感・共鳴するところが甚大でした。即実践で挑戦したいと思います。」
「自社の伝えたいこと、お客様が興味がある事について考えようと思いました。」
「何をどうやって伝えれば相手に伝わりやすいかが大変よく分かりました。」
「成功事例とその結果が具体的で良かった。」
「リアルなお話に当社でできていないことがたくさん発見できました。」

今回学んだことをそれぞれの立場でビジネスに活かして頂ければと思います。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

田中みのる氏オープン研修 2012.5.21

5月21日(月)に、チラシを中心とした販促物の成果を高めるためのオープン研修を行いました。
今回、本来は社内研修を予定しておりましたが、内容が「リバースエンジニアリング」と呼ばれる、実務に直結する実践的なものでしたので、急遽社外の方へも参加を呼びかけ、11社14名の方にご参加いただきました。
リバースエンジニアリングとは、もともと工業製品に使われる用語で、既存の製品を解体・分解して、製品の仕組みや構成部品、技術要素などを分析する手法のことです。今回はそれを販促物で行うことで、既に出来上がっている販促物から、成果のあがる販促物の構造や表現とは何かを明らかにしていく作業をグループワークで行いました。
すでに出来上がっているチラシを客観的に分解していくことで、販促物の目的やターゲットを絞ることの重要性、コピーや写真などの必要性を深く考える機会になったと思います。参加者の受講アンケートを以下にご紹介します。

「普段あまりお客様からどう見られるかというのを意識していなかったので、今後の参考になりました。」
「色々な方の意見が聞けて良かった。」
「改めてチラシの校正を考えるきっかけになりました。」
「自然に頭の中を整理できた。」
「自分の身と自社の環境に置き換えて考えられたので無駄な時間は一秒もなかった。」

一つの販促物について様々な視点から意見を交えて深掘っていく作業から、作り手側からは気付きにくいポイントを体験しながら学ぶことができたのではないかと思いました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。